月夜の風俗

 >  > どちらかなら、条件にぽっちゃりをつけます

どちらかなら、条件にぽっちゃりをつけます

今回はソープのお店に入って、受付けでフリーである事を伝えて、奥の待合室へ通してもらいます。すぐの案内を希望したのですけど、すぐに案内できる女の子は2人ということで、リクエストを聞いてもらえたので、それではぽっちゃり風俗嬢をお願いすることにしました。大抵希望を聞かれると、よりぽっちゃりの女の子をチョイスするのですよ。スリムなボディよりもいろいろできるからで、ハグがとても気持ちいいんです、どこかで風俗に安らぎを求めているのかもしれませんね。それにスリムタイプだと若干ペチャパイがいたりするので、それはやっぱり自分的には一番避けたいところなのですよ。スリム系の乳首が感じ安いと言われていますけど、女の子が感じるかどうかと言うのはこっちが逝くのとはそれほど関係ないですからね。と、妄想を膨らませながらほどなくしてコールがかかります。カーテンを開けるとほどよい感じのぽっちゃり女子が私のほうに歩いてきます。

[ 2016-01-11 ]

カテゴリ: ソープ体験談